DIYに必要?電動工具の種類と使い方について

DIYに必要?電動工具の種類と使い方について


電動工具の種類について

近年では、DIYで自作のアイテムを作る人が増えてきています。大きなものを作ろうと思ったら、やはり電動工具があれば便利です。しかし、電動工具と一言で言ってもその種類は様々で、使い方は大きく異なります。まず、電動工具としてあげられるのが、切断工具です。切断工具は機械のついたブレードが電動で往復して材料をカッティングするという工具になります。細い棒状のブレイドが直線の上下運動をするジグソー、円盤型のブレードを回転させる工具である電動丸ノコなどがあげられます。動きが異なるため、作業に合わせて選んでいきます。電気ドリル系は、金属や木材に穴あけやネジしめを行うドライバドリル、太ネジや長ネジにも対応できるパワフルなインパクトドライバドリルなどがあげられます。他にもいろいろありますが、作業によって使い分けることが大切です。

電動工具の使い方について

電動工具は使い方もそれぞれ異なり、パワーなども違ってくるため素材などによって使い分けていきます。ジグソーは、材料に対してブレードを垂直に差し込んで切断していきます。小回りのきく工具ですのでちょっとしたカッティングなど細かい作業に向いています。電動丸ノコは、パワフルで高速なカッティングが行えます。パワーが必要な素材に対してオススメの工具です。ドライバドリルは穴の開けたい部分にドリルを差し込むだけで穴を開けられます。扱いやすいためDIYを始めたばかりという人でも簡単に取り扱えます。他にも使い方は様々ですが、難易度は製品によって違ってくるため熟練度などを考慮した上で選ぶことが大切です。

電動工具の買取依頼は工具の専門店を選ぶことでより正確な価値に基づく査定額を知ることが出来ます。また、旧式の工具でも部品取りの名目で引き取ってくれるので、使わない工具の現金化が容易です。

Back to Top